www.julietsshoppe.in.net

-

-

自動車の事故発生した際自分が車の事故の被害者であったとしても、事故を起こした方が過ちを全く受諾しないことは数多くあります。例として、故意に起こしてしまったのと違い不注意で自動車を激突された場面などに、そういった押し問答にうつってしまう状況があります。とは言って、そこで自動車だけの交通事故され後で体の変調が出た際に、診てもらった病院の診断書を警察に提出するということは後手に回るとなるのは仕方がなくなります。そうであるならば車の事故の過失割合の確定には何らかの目処が決まっているのでしょうか?細かく言うと、警察が確定するのは、自動車での事故の大きなミスが考えられるのはどちらの車かという内容であって、過失の割合ではありません。さらに言えば、最終的に決定された事故の過失があった人が警察署から知らされるケースはないです。割合は両者の協議の結果によって決定されその事が自動車事故の賠償の基準となる訳です。その場合に、お互いが任意で加入できる保険に入っていなかった場合は両方がダイレクトにやり取りを余儀なくされます。だけど、当然その話し合いでは、理性的でない押し問答になる時が存在します。さらに、互いの言い分に差があれば最悪の場合、裁判沙汰に突入しますが、これでは大切な時間とコスト計り知れない損害を避ける事ができません。これによりほとんど、それぞれの人についている保険の会社、各々の保険の会社に交渉を委任する対応を活用して、適切な過失の割合がどうなのかを客観的に結論付けさせるのです。このような時保険の会社は以前の自動車での事故の訴訟の結論から導き出された元となるもの、判例タイムズを参考に、推定と協議をして過失の割合がどうなのかを出します。と言いつつも、交通事故のケースでは、巻き込まれてしまったのか起こしてしまったのかの如何を問わず、まず110番に連絡するのが重要です。その後自動車の保険の会社に電話をして、その後の交渉をお願いするのが手順となります。ちゃんとした順序さえ分かっていればお互いの無駄なやり取りとなる状況を未然に防止できるに違いありません。

Copyright © 2000 www.julietsshoppe.in.net All Rights Reserved.